NEWS

【韓国報道資料】April、1月4日カムバック確定―アルバムタイトルは「Prelude」

2016.12.21 MEDIA

6人組に再編したApril、1月4日カムバック確定
―アルバムタイトルは「Prelude(プレリュード)」

ガールズグループApril、ティザーを公開し新年のカムバックを公式化

6人組ガールズグループAprilが2017年1月4日、DSPmediaの新年初カムバックスタートを切る。

DSPmediaが21日0時、Aprilの公式SNSを通じて”Coming Up”ティザーイメージを公開し、Aprilのカムバックを公式に告げた。

公開されたティザーイメージはパステルトーンを背景にAprilのカムバック日程を意味する
“2017. 1. 4 00:00AM”という文字が書かれており、まるで雑貨屋に陳列されている人形のような様々なポーズと可愛らしい衣装を着たメンバーたちの後ろ姿が、新しいアルバムに対する期待感を増幅させている。加えて、新しいスタートを報せる序曲という意味を持つアルバムタイトル「Prelude(プレリュード)」が表記されていて、Aprilの成長と跳躍を暗示した。

これに対しDSPmedia側は「Aprilが1月4日にカムバック日程を最終確定させ、現在アルバムの最終準備に専念している。新しいアルバムタイトルは、音楽における序曲を意味する『Prelude』で、新しいメンバーを加え再編したAprilの音楽的成長の序幕を意味するものでもある。これからAprilがどのような姿に変化し成長していくか、今回のアルバムをスタートとして引き続き温かい視線で注視してほしい」と伝えた。

最近Aprilは既存メンバーであるチェウォン、ナウン、イェナ、ジンソルとともに新しいメンバーであるチェギョン、レイチェルを加え、6人組として再編された。
新しいメンバー・チェギョンは、これまでオーディションプログラム「KARA PROJECT」や「プロデュース101」への出演を経て、プロジェクトグループC.I.V.A, I.B.Iで地道な活動を通じて力量を積み上げてきた。
レイチェルはアメリカ・ポートランドにて留学経験があり、7年間磨いたバレエの実力で各種競技大会でも受賞するなど、その才能を認められオーディションに合格、Aprilの新しい活力素として合流することになった。

一方、6人組として一歩を踏み出すAprilは、来る22日、公式SNSを通じてNEWミニアルバム「Prelude」のカバーイメージを初公開し、カムバックに対する期待感を高める予定だ。